HondaのN-ONEを買いました日記

ホンダの軽自動車N-ONEユーザーとしての感想、便利/不便なところ、考えた事、気づき、ついでに調べたことなど綴った個人版N-ONEマニュアル

次期N-ONEエンジンの想像

燃費について ] 2017/06/03(土)

巷のネットネタによると来月7月にもNシリーズはモデルチェンジするらしい。

そのネタが本当だとして、
さらにN-ONEは現行コンセプト踏襲だとして、しかし燃費は他車競合上リッター30キロ以上を狙ってくるという噂が本当だと仮定した上で、どんなエンジンが搭載されるのか、想像してみました。

ちなみに現行S07Aという型式のエンジンは廃止され、新型エンジンが搭載されるとも噂されていますので、これをベースに考えてみましたら・・・

1.たぶんスズキR06Aエンジンに似たエンジンになるのではないか?
現行Nシリーズで最良燃費は29.4km/Lということのようで、あと一息30km/Lに及ばない。もしかしたら車体とエンジン軽量化で達成できるのかもしれないが、ライバルのスズキワゴンRが33.4km/Lを叩き出している以上、おそらくこの上を行く水準を狙わざるを得ないと思われます。
しかもS07Aを変更する噂を合わせて想像するに、たとえばSシリーズエンジンのさらに燃費改良版を開発して出してくるのでしょう。

考えられるシナリオは、まさにスズキR06A開発のアプローチ同様に、最大出力を若干落とし、エンジンの低フリクションのためにクランクシャフトの軸軽を細くする案。
さらにスズキ同様の「エネチャージ&マイルドハイブリッドみたいなもの」を搭載してエンジン出力低下のモーター駆動でのヘルプと、ブレーキエネルギーの回収をやってくる可能性が高そうです。

2.または、純粋にエンジン改良だけでワゴンR同等レベルに燃費向上するかもしれない
現行燃費を約10%改良すればワゴンRと横並びできるとして、10%という数字は今やっていない技で何とか追いつける可能性もありそうです。

オーソドックスには、上述のクランクシャフト細軸化でも現行出力が出せるような高性能ベアリング材を採用することや、ピストンリングを2本化してフリクションを減らこと。さらに異端な方法では、やらないとは思うけど、低速域を希薄燃焼運転できるようにアレンジした吸気系と排ガス触媒やコントローラーを備えてポンピングロスを減らす手法。
このような手を、もし組み合わせて使えば現行より10%程度の燃費改善はできると思われます。

今度のモデルチェンジは、外観は大規模マイナーチェンジぐらいの様子(あくまで噂での話に基づけば)ですからキャリーオーバーパーツ(新しく新部品を作らないで今までの部品を使う)は多く、お金も開発時間もそこの部分では節約できるでしょう。

その分の浮いたお金を動力系統刷新に振り向けられるので、そこそこ思い切った刷新を出してくると想像します。

その刷新の方向が、スズキなど他社と同じ方向を向くのなら、最近のホンダは堅実経営方針に更に磨きがかかった、と思ったらいいし、
他社がやっていない方法で臨んでくるなら、異端児ホンダのDNAはまだ存在していたんだ!と喜べば?いいのではないでしょうか。

そのうち買うかどうかは分からないけど、今度の新型N-ONEのパワートレーンの構造がどうなるかは楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーズリンク

13:51 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://natsuoniwa.blog.fc2.com/tb.php/89-93acabb0

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

なつお

Author:なつお
6年前に他社の車からホンダステップワゴンに乗り換え、今年(平成25年)からホンダのN-ONEに乗るユーザーです。自動車関連とIT企業に勤めていた今はブロガーの男。

楽天市場



最新記事

楽天市場



リンク

QRコード

QR