HondaのN-ONEを買いました日記

ホンダの軽自動車N-ONEユーザーとしての感想、便利/不便なところ、考えた事、気づき、ついでに調べたことなど綴った個人版N-ONEマニュアル

N-ONEで京都→東京 地道+高速走行での、それぞれの区間燃費リポート

燃費について ] 2016/05/23(月)

去る5月11日に京都から東京まで主に一般国道を走る燃費を測りましたので報告いたします。

N-ONEは今年車検を迎える新車から3年目、走行距離約3万1千キロのターボ無し、ノンプレミアムの4WD車(カタログでの燃費は25km/l)です。タイヤはオリジナルの「エナセーブ EC300」。ただしホンダのディーラーでの点検(4月上旬)の際に空気圧を10%高めにセットしています。
この車で乗員は私1名、荷物は多分80kgぐらい載せ、雨天の中をひたすら東京目指して走行したときの区間燃費を下記に紹介します。

京都の自宅をスタートして約10分後、エネオスGSでレギュラーガソリンを満タンにして走り出しました。
fc01.jpg


1.京都→関ヶ原 一般国道
京都市内を早朝5時に抜けたので市内混雑は無し。3分程度走ると信号待ちという連続で瀬田あたりまで走行しました。速度は40~50km/h。
そこから先は信号が減り、速度は50km/hあたりで連続20分程度走り信号につかまるという調子で関ヶ原インターまで99.2kmを走行した燃費は、26.8km/l
fc02.jpg


冬にこの区間を走行したときは21km/l程度の燃費だったので、今回はかなり良い成績です。冬用タイヤがエコタイヤでは無かったことと雪が降っていたこと、さらにその時には荷物100kg以上で二人乗車していたことが今回より燃費が悪かった理由だと思います。

2、関ヶ原→多治見
高速道路を時速80km/h程度で走行。燃費は25.7km/h
fc03.jpg


以前から当ブログに書いていますように、一般的に車の経済速度は時速80キロだと言われていますが、N-ONEは(多分軽自動車の多くは)これよりもっと低い速度が経済速度のようです。ご覧のように一般国道走行時より燃費が下がってしまいました。ただ関ヶ原から小牧までの平たん路は前述一般国道での燃費と大差ありませんでした。その後の上り坂で悪くなったのが主な要因です。

3.多治見→塩尻峠
再び一般国道に織り、国道19号線を塩尻峠のテッペンまで連続走行した燃費は、23.9km/h
fc04.jpg


大部分の区間が登りで最高地点は海抜千メートルを超えています。それでも燃費はガクンと下がるわけでもなく、いい数字を出していました。

4.塩尻峠→甲府市内
塩尻峠から甲府市内までは、今度は下りの連続。道路は一般国道で、空いていました。燃費はなんと31.3km/h
fc05.jpg


下りなので燃費が良くなるのはあたりまえですが、交渉燃費をはるかにしのぐリッター30キロを超える数字を叩き出しました。

5.甲府市内→高尾
平坦とアップダウンの組み合わせが続く一般国道での燃費は、27.9km/h
fc06.jpg


信号につかまることがあまり無かったことが燃費を良くした主な理由だと思います。登りでは燃費がぐんぐん下がりますが、下りではそれを挽回する勢いで燃費がぐんぐん良くなる。そんな繰り返しで甲府から東京都まで走りました。

6.高尾→武蔵野市内
東京の一般国道でしたが道は走り易くて時速30から50キロ程度で比較的スイスイ走れました。燃費は23.5km/h
fc07.jpg


ちなみに京都へ帰ってから、地元で買い物やら送り迎えで乗っている燃費は20km/hにやや届かないぐらいです。それよりも良い燃費で東京を走れた理由は、40キロ程度のロングドライブだったからです。


今回の私のN-ONEの燃費は今まででもあまり出ないベストなものでした。
「でき過ぎ」の感もします。

こんな良い燃費になった理由を考えてみると・・・
(1)タイヤの空気圧を1割増にしたこと
ただし今までの私の経験ではタイヤの空気圧を高めにしても目に見えて燃費が良くなることはありませんでした。こんなに空気圧をちょい高めにして燃費に効くなら是非これをやった方がいいと思います。燃費が良くならなくても悪くなることは無いし、乗り心地も変化が感じられません。

(2)エコ運転になってしまった
今回の走行はどこも道が空いていてすいすい走れました。これでかなり良い燃費になったと思いますが、いつも私が京都と東京間を行き来するときはそんな道路状況です。なのでいつもより良い燃費になった理由がまだ掴めません。

(3)CVTトランスミッションの「擦り合わせ運転」がやっと完了した???から?
昔、私がまだ自動車関連製品のメーカーに勤務していた頃、あるトランスミッション開発技術者が「CVTっていう無段変速機の特性は決して褒めたもんじゃないんだよね、内部の摩擦が大きいから・・・」と言っていました。スチールベルトとプーリーの摩擦や、プーリーの幅を変える際の油圧ポンプの駆動力が彼の言う摩擦だということのようなのですが、もしかしたら新車から3万キロ走行した私のN-ONEは、やっとこのCVT機構のすり合わせがついたために「あたりがついて」摩擦が減ったのかもしれないです。

ネットではあまりググってもこのようなCVTのすり合わせのことは出て来ませんでしたが、エンジンのすり合わせ期間よりも長くかかることは容易に予想できます。もしそうならCVTの車は新車から数年間は燃費が良くなり続けるのかも??しれません。
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーズリンク

14:42 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://natsuoniwa.blog.fc2.com/tb.php/76-c4af1978

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

なつお

Author:なつお
6年前に他社の車からホンダステップワゴンに乗り換え、今年(平成25年)からホンダのN-ONEに乗るユーザーです。自動車関連とIT企業に勤めていた今はブロガーの男。

楽天市場



最新記事

楽天市場



リンク

QRコード

QR