HondaのN-ONEを買いました日記

ホンダの軽自動車N-ONEユーザーとしての感想、便利/不便なところ、考えた事、気づき、ついでに調べたことなど綴った個人版N-ONEマニュアル

いつも気になる、N-ONEのスペアタイヤなし

関連まとめ ] 2016/03/07(月)

N-ONEにはスペアタイヤがありません。
パンクしたとき用に応急パンク修理セットが装備されています。
このパンク修理はあくまでも「応急修理」であって、ザックリ説明では、まずパンクしたタイヤに補修材という液状物質をエアバルブを外してそこから注入し、シガレットソケットから給電する式の電動エアポンプでタイヤに空気を入れ、その後にまた空気圧調整を済ませた後に、最寄りのホンダの店までゆっくり駆け込む、とこういうシナリオのようなのです。応急修理したタイヤで通常走行はできません。

私はこの「パンク応急修理システム」が不安でならないです。

最近では2か月に一度程度は京都から東京を往復するのにN-ONEに人と荷物を積み、雨の日も、夜も、一般国道や山道まで往復1000キロを走るので、どこかでパンクしたら「面倒なことになるなぁ・・・」と、極度心配になります。

メーカーがスペアタイヤをやめて応急パンク修理キットを積む理由は・・・
主に燃費対策ではないかという説が有力です。緊急走行専用のテンパータイヤでも重量は数キログラムになるでしょうから、応急パンク修理キットのせいぜい1キログラム程度は燃費向上に役立つでしょう????
たぶん厳密な試験機による燃費計測をしない限り差は出ないと思います。

車の室内空間を広くとれるから、という説もあります。が、N-ONEには荷室床下にかなり広い収納スペースがありますから、そこを活かせばテンパータイヤ程度なら収まるんじゃないのかな。

車をジャッキアップしてタイヤ交換できる人が少なくなったという説。
一見的を得ているような説ですが、実際にはジャッキアップしてタイヤ交換の方が私には簡単に思えて仕方ありません。

コスト低減のためという説。
ググってみると市販テンパータイヤは一本5千円程度。メーカー仕入れではもっともっと安くなるハズだから応急パンク修理キットにしてどれだけ安くできるのか?でもコスト低減できるならメーカーはやるでしょう。

私の心配は・・・
ジャッキアップしてタイヤ交換するのは自分で練習できます。冬用タイヤを夏用にするとき自分でやって練習したらいいんです。だけど応急パンク修理キットの場合はいきなり本番が来るということ。ふつう練習できません。

参考に、こんなことするらしいです。
↓↓↓


このような「作業」を、雨の日雪の日、夜中の運転疲れでボケたアタマで、はたして間違いなくできるでしょうか?
私にはできる自信がありません。

なので、最近ではロングランのときにはなるべく夏なら冬用タイヤ一本を後ろに積んで出かけるようにしています。積む場所は後部座席の足元に収めるのが一番落ち着きますが、荷物が多いときや後部に大人が乗る場合はここに積めません。

やっぱりテンパータイヤを載せてくれるのが一番ありがたかったのですがねぇ。

N-ONEでの長距離走行が多いので、私は本気でN-ONEに装着可能なテンパータイヤを入手しようかと考えています。
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーズリンク

14:01 | トラックバック:0 | コメント:2 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://natsuoniwa.blog.fc2.com/tb.php/73-fbb1e6fb

トラックバック


コメント

by chippy65 : URL
アサヒPENTAXのCMよろしくボンネットに固定したらオシャレかも♪
車検通らないかな(笑)。
2016/03/12(土) 22:52:53 #mQop/nM.[ 編集]
積んでます by ahiru : URL
こんにちは
N-ONEへのスペアタイヤ搭載ですが,床下スペースにテンパータイヤなら積めます.
床下スペース奥行きが520mm程度ですので,
ライフ(JB1)用T105/90D12 80M(12インチ,幅105mm, 扁平率90%)φ494mm
105/80D13 φ498mm
115/70D14 φ517mm
あたりなら積めると思います.
2016/03/13(日) 08:37:44 #VWFaYlLU[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

プロフィール

なつお

Author:なつお
6年前に他社の車からホンダステップワゴンに乗り換え、今年(平成25年)からホンダのN-ONEに乗るユーザーです。自動車関連とIT企業に勤めていた今はブロガーの男。

楽天市場



最新記事

楽天市場



リンク

QRコード

QR