HondaのN-ONEを買いました日記

ホンダの軽自動車N-ONEユーザーとしての感想、便利/不便なところ、考えた事、気づき、ついでに調べたことなど綴った個人版N-ONEマニュアル

気になるエンジン始動直後の「タイムラグ」

CVTについて ] 2016/09/22(木)

N-ONEを買ってからすぐ気づいていたことだけど、N-ONEに限らずA/T(オートマチックトランスミッション)車はどれも似たように、エンジン始動直後に、シフトをPレンジからDやL、またはRに入れて発進しようとしても、エンジンの空ぶかし状態になってしまって発進できない短い時間、たぶん3秒程度の「タイムラグ」があります。

先日、慌てて発進しようとして、このタイムラグに見舞われて、その結果「ガクン」と強い急発進になってしまい、前の車に追突するかと焦ったことが起きました。

このエンジン始動後の「たぶん3秒のタイムラグ」は、もうちょっと改善できないのか!?と思います。
例えば1秒に、できなければせめて2秒に・・・

このタイムラグはおそらくCVT(ベルト式の無段変速オートマチックトランスミッション)の機能を守るための保護だと思われます。
CVTは油圧による可動機構があります。ベルトのかかる可変プーリーの径を変えていまして、この油圧を発生させるオイルポンプはエンジンの回転で作動させるようになっているハズです。なので、エンジン始動直後から3秒経たないと、必要な油圧にならないため、誤動作してCVTを傷めることになることを防止するために、制御用コンピュータのプログラムに使うデータに「3秒」のタイマー時間を書き込んであるのでしょう。私が知る十数年前の他社の場合はそんなでした。

車を発車させようとするとき、エンジンスタートボタンを押し、ただちにシフトをDレンジに入れ、アクセルペダルの足を踏み込むまで、慌てて急いでいると1秒ぐらいで完結させてしまうので、残る2秒が空ぶかしになってしまう。こういうのが先日私にあったことです。分かっちゃいるけど、こんなの嫌です。なんとかならないんでしょうか。

疑問1.いつでも3秒の保護時間は必要なんでしょうか?
エンジンやCVTが冷えているときは、作動油(ATFとかいう液体)の粘度が高くて正しい作動ができないだろうから3秒要るとしても、暖気が終わっているならもっと短くできないの?温度センサーは付いているだろうに。

なぜなら、暖気が終わってから活躍する「アイドリングストップ」の機能では、交差点の信号待ちで3,4分停止後に、すぐに、タイムラグなしにスタートできているから、その応用で、暖気が完了しているなら保護時間はもっと短くできるんじゃないか?と思うからです。

疑問2.エンジン始動後の回転数だけを、もうちょっと高めにしたら?
そうしたらCVT油圧が正規になるまでの「立ち上がり時間」が短くなるだろうから、3秒が2秒や1秒にできるとか。。

車を運転していると、どうしても慌てることがあって、
先日は、駐車場入り口に仕方なく停止して一旦エンジンを止めて荷物を下ろした後、たまたまその駐車場に出入りする別の車から「どけ!」のビビーッっていうクラクションを鳴らされたため慌てて発車しようとした、というものでした。

まったくこういうときにも、
マニュアルトランスミッション車の頃は良かったなぁ~と、思っちゃいます。


スポンサーズリンク

スポンサーサイト
14:19 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

プロフィール

なつお

Author:なつお
6年前に他社の車からホンダステップワゴンに乗り換え、今年(平成25年)からホンダのN-ONEに乗るユーザーです。自動車関連とIT企業に勤めていた今はブロガーの男。

楽天市場



最新記事

楽天市場



リンク

QRコード

QR