HondaのN-ONEを買いました日記

ホンダの軽自動車N-ONEユーザーとしての感想、便利/不便なところ、考えた事、気づき、ついでに調べたことなど綴った個人版N-ONEマニュアル

N-ONEにエンジンを二つ載せたら、128馬力になる?

エンジン周りについて ] 2014/10/18(土)

N-ONEにエンジンを二つ載せたら、128馬力になる?
先日、家族が墓参りに来た際、大柄の義弟を含む4人乗車で墓場に続く急坂をN-ONEで登ったら、さすがにエンジンはすごい唸りをあげていましたが、けっこう急坂を上れるもんだなぁ、という印象でした。

N-ONEの前に乗っていた同じくホンダのステップワゴン(2000cc)は、高速道路こそ快適でしたが、坂道に弱いようで、墓場続く急坂は定員の8人を乗せたら『登れないんじゃないか!?』と心配させられるほどでした。
その後にレンタカーで乗った新型ステップワゴンはエンジンが変わり、低速トルクがアップしたので坂道に弱い感じは無くなりました。

N-ONEは車体が軽いこともありますが、エンジン出力はN/A(ターボ無し車)で47キロワット、馬力換算では約64馬力あるため、高回転で回し「唸りをあげさせたら」かなり力が強いのです。

話は少し脇にそれますが、自動車のエンジン排気量と出力には妙なクセがあって、エンジン排気量が大きくなると確かに出力が強大になりますが「1リッターあたりの出力」は、エンジン排気量が小さいほど大きいという特徴があります。

N-ONEは軽自動車だからエンジン排気量は660cc。これで64馬力。
これを1リッターあたりに換算すると、97馬力/リッターとなります。つまりもうちょっとでリッター100馬力のエンジンです。

自動車用ガソリンエンジンの開発をやっている人は、以前は「N/A(ターボ無し車)でリッター100馬力」のエンジンを作ることは頭のどこかにありました。「N/A(ターボ無し車)でリッター100馬力」は高性能エンジンの相場みたいなもので、リッター100馬力が出せれば「高出力エンジン」と言えたからです。N-ONEは97馬力なので惜しいですが、今は既に馬力表示は廃止され「Kw(キロワット)」に変更されてしまったからあまり気にしなくなったかもしれないです。

ホンダは昔々、1100ccぐらいで120馬力出す市販車を売っていました。もしN-ONEにエンジンを二つ分載せる。つまり三気筒のN-ONEエンジンを二つ合わせて1320ccの六気筒エンジンを作ったとしたら64馬力の二倍の128馬力エンジンが・・・。と想像できますが、実際にそのようなことをすると、なかなか馬力が出ない「開発者の苦しみ」を味わうことになるのです。

エンジン排気量を大きくするとリッターあたりの出力は下がってしまう。
なぜこうなるか、不思議なことですが現実にホンダ車でも普通車クラスではリッター80馬力を切ります。

ホンダの大排気量エンジン、たとえばオデッセイ搭載の2400ccエンジンの出力は190馬力なのでリッター79馬力。
同様に私のかつて乗っていたステップワゴン2000ccでは155馬力、リッター78馬力
フィットの1500ccでは、110馬力、リッター73馬力

ところがホンダスーパーカブは50ccで5.5馬力だから、リッターあたり110馬力も出しています。

私がかつて携わっていた自動車試験でも2000ccクラスになるとリッター100馬力出すエンジンを開発するのはかなり骨の折れる仕事でした。どうやってもリッター90馬力ぐらいしか出てくれなかったのです。

それでも排気量の小さいエンジンは簡単にリッター100馬力を超える。排気量が小さいと高回転まで回しやすくなるのでそれによって出力を出しやい要因はあるのですが、その他にもエンジンが大きくなると吸気や排気の流れ、熱の逃げ方、エンジンオイルが高速で回るクランクシャフトへ邪魔をする・・・などなどいろんな要因が出てくるから高出力になりにくい。こういうことが今もあると思います。

そう思うと軽自動車は、お値段お得に高出力エンジン搭載の車が買えるという、気づかなかった事実があると思います。

訂正
上記記事で「N/A(ターボ無し車)で47キロワット、馬力換算では約64馬力」と書きましたが、N/Aは43キロワット、58馬力の誤りでした。お詫びして訂正します。
なのでタイトルも「N-ONEにエンジンを二つ載せたら、116馬力になる?」に訂正しなければならないですね。


スポンサーズリンク

スポンサーサイト
11:36 | トラックバック:0 | コメント:2 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

プロフィール

なつお

Author:なつお
6年前に他社の車からホンダステップワゴンに乗り換え、今年(平成25年)からホンダのN-ONEに乗るユーザーです。自動車関連とIT企業に勤めていた今はブロガーの男。

楽天市場



最新記事

楽天市場



リンク

QRコード

QR