HondaのN-ONEを買いました日記

ホンダの軽自動車N-ONEユーザーとしての感想、便利/不便なところ、考えた事、気づき、ついでに調べたことなど綴った個人版N-ONEマニュアル

アイドリングストップ車で、アイドルストップさせない小技

燃費について ] 2013/10/31(木)

N-ONEに限ったことではないけど、走っていて『あー!ここでアイドリングストップして欲しくないんだが・・・』と内心思うことがあります。
例にあげるなら・・・
・停止してすぐにバックさせたい場合
・赤信号停車直前に青に変わったが、前の車がまだ発進していないとき
・赤信号に差し掛かったときに、あと数秒で青になることが分かっている場合
・右折のタイミングをうかがっているとき
・前進で駐車してからシフトをパーキングに入れてエンジンを止めようとしたとき

こういう「エンジン止めたくないなぁ・・・」というシチュエーションはけっこう多くあります。
ベツにエンジンが止まったぐらい、どーってことないのですが、微妙に気になることがあります。それは燃費と車の傷み。

アイドリングストップは燃費を良くするためにあります。その他に排ガスを減らして地球環境に優しいというのもあるけど、あまりにも頻繁なアイドリングストップは“逆効果”で、燃費が悪くなる場合もあります。

下のリンクは「一般財団法人 省エネルギーセンターのサイトのページです。
http://www.eccj.or.jp/recoo/annai/page_annai02.html
このページの(5)停止時の運転操作 [1]エンジン始動にかかる燃料というところには「エンジンを始動させる燃料はエンジンを5秒間アイドリングで回している燃料とほぼ同じ・・・」という意味のことが書かれています。
つまり5秒間以上停車していない状態ですぐにエンジン始動して走り出すのは不経済で、そんな単時間停車ではアイドリングさせておく方がかえって燃費がいい。こういうことです。

どうしてそうなるのか?
エンジンを始動させるときには「始動燃料増量」させるしくみが備わっているからです。これはエンジン始動時は回転数が低いです。また止まっていたからシリンダー内温度も下がっているのでエンジンがかかりにくいので、かかり易くするために濃いガソリン混合気を入れてやるためにそういうしくみにしているためです。N-ONEはエンジン制御用コンピュータを持つ電子制御エンジンで、このコンピュータ内にあるROM(リードオンリーメモリー)にそれを行うためのプログラムと「どの程度燃料を増量させるか」を示す数値データが書き込まれているのです。だからエンジン始動時は必ずたくさんの燃料をエンジンに送り込む。だから頻繁にエンジンストップさせると燃費が悪くなるということにつながります。

セルスタータ周辺の部品耐久も心配?
これは大して心配する必要はありません。
メーカーではアイドリングストップさせる前提で関係全部品の耐久試験を念入りに行っているから、よほど非常識な使い方をしない限り消耗したり壊れたりすることは無いでしょう。ただ、保証期限を越えても延々と壊れないわけではありません。やっぱり繰り返し頻繁に使えばそれなりに部品の寿命は短くなります。

その部品の故障が起きる時期が、車を手放す時期より後であれば「壊れなかった」となるだけです。逆に車を所有する間に壊れたら「壊れましたけど、保証期限は越えているし、使い減りして壊れただけですね」と修理屋さんから言われるでしょう。

なるべく車を長持ちさせたいなら、不要なアイドリングストップはやめたいものです。

N-ONEは、ハンドル右下あたりにある緑色のボタン「ECONスイッチ」を一回押してECON機能をオフにしたらアイドリングストップしなくなります。
でもそうすると少し燃費が悪く(逆に少し走りは良くなるようだけど)なるので、目下のガソリン価格事情ではECONオンで走行したいです。

車が停止したと同時に、シフトレバーを動かして「N」レンジに入れるとエンジンは止まりません。マニュアルシフト車を運転した経験があるなら、この操作は体が覚えているから難なくできるでしょう。
ただ、いちいちシフト操作するのも面倒という場合・・・

そんなとき、停車直前(あるいは直後でも)にアクセルペダルを踏む足の力を弱めにすると、なんとアイドリングは止まりません!
これは「ブレーキをかけた」信号を出すセンサースイッチが、弱い力では働かないために起きる「車は止まっているけど、ブレーキはかかっていない」状態を意識的に作ってしまう、という高等操縦テクニック?なのです。

まあそう難しい技ではないので、意識したらできるけど、誰かと話をしているとか、考え事をしているような集中力の無いときにこの技を使うのはやめましょう。ブレーキが弱くしかかかっていないし、エンジンは動いているので、気づかない間に車が前進して前の車に追突する危険があります。

スポンサーズリンク

スポンサーサイト
15:03 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


ホンダN-BOXから眺めるN-WGN推理

関連まとめ ] 2013/10/22(火)

ホンダはN-WGMを来月発売すると報道し、同社サイトで外観と主な装備を紹介し始めました。
ニュースは例えば→ホンダ「N-WGN」のデザインを先行公開!by autoblog

ホンダのサイトのニュースページは→http://www.honda.co.jp/N-WGN/new/

主要諸元表や燃費・性能情報はまだ見られませんので、しかたがないから過去に自動車関連会社に勤めていた知識を元に、推理してみました。

推理1.コックピットのスイッチレイアウトに微修正があるのはN-BOX&N-ONEでのユーザー反応を取り込んだか
細かく見ると運転席周りのレイアウトも多少違っています。例えばハザードランプスチッチはオーディオ横の高い位置に移動し、N-BOXが縦長四角ボタンなのにN-WGNは横長四角ボタンになっています。これはエンジンスタート/ストップのボタンと離れるから押し間違いしにくくなるでしょう。両者は形が違うのに色が似ているからよく押し間違えました。

それとN-ONEではハンドル右下にあるECONボタンがホンダのサイトにある写真では見えません。単に隠れてしまっているのか、別のところに移したか、あるいは廃止してしまったか?「ECONをOFFにすると本来のN-ONEの走りになりますよ」と営業の方は言っていました。N-ONEより前に乗っていたステップワゴンではECON OFFでパワフルになりましたが、N-ONEではその違いがよく分かりません。渋滞中にOFFにしておけばいちいちアイドルストップしないので気ぜわしくないぐらいでした。やめてしまったのか???

エンジンスタート/ストップのボタンはN-WGNでも相変わらずハンドルの左側にあります。私はN-ONE購入後3ヶ月してやっとその位置に慣れてきましたが、最初は右手がいつもキーを無意識に捜していました。

推理2.他社との競争力確保のためにシティブレーキアクティブシステム搭載
N-ONEにはこれが付いていません。
シティブレーキアクティブシステムとは、前方障害物があるとき間違ってアクセルペダルを踏んでも車が前進しないように制御する誤発進防止装置です。前方安全装置が無い!なんてあり得ない!!という気は私はまったく感じません。後方誤発進の方が心配です。
もし誤発進防止装置が必須ならホンダはN-ONEに装備していたでしょう。でもそれをせずにN-WGNで付けたのは他者が装備したからだと思います。しかし有って悪いものではありませんから進化と考えていいと思います。

推理3.燃費はN-ONEと同じにするのではないか
外観の写真と主要装備以外に性能や諸元の情報が今のところ出されていません。想像するにN-ONEはスポーツ感覚の使い勝手を意識し、N-WGNはラグジャリーを意識してデザインされているように思います。そのニュアンスの違いがONEとWGNの名前から受ける印象と外観になって車の個性を滲み出させようとした痕跡が見えます。

そうだとするとN-WGNは多少燃費は良くしたいところですが、おそらくエンジンやトランスミッション、足回り部品はNシリーズ共通のはずです。そうしなければ車種バリエーションを増やして生産ボリューム効果を減らすことになるからコスト高の要因になってしまいます。そうなるとエンジンやトランスミッションの制御プログラムの中のデータを少しアレンジして低燃費に味付けするぐらいしかできません。もしそれをやっても他社の燃費チャンピオンカーに勝つ燃費性能は無理でしょう。だから燃費競争はやらないと思います。

もともとホンダはNシリーズを出すときに「燃費が良くても走らない車にしない」のようなことを言っていたと思うので、N-WGNはそのポリシーに沿って他社の軽より走りを訴える戦術に出ると思います。だから燃費はN-ONEと同じでしょう。

推理4.N-ONEよりもN-WGNが人気が出る
ホンダのNシリーズ開発陣は「ヤンキー文化」をよく研究しているらしいです。このサイトに載っています。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/131005/bsa1310051800002-n1.htm

その研究成果がN-BOXカスタムとなって登場しましたが、N-ONEカスタムというのはありません。N-ONEはプレミアムという高級エレガント路線に向かいました。
しかしどうしてもカスタムが欲しいのでしょう。N-WGNカスタムはN-BOXカスタムと比べてもかっこよすぎる!
写真では軽といっても大きさがよく分からないから軽に見えないボリュームと押し出し感があります。これは他社のどの車よりも今のところ最強でしょう。

とても軽には見えません。
とても軽には見えない車が、実は軽なので、政府や与党の方々はこれを見たら「やっぱり軽自動車税が年間7200円だなんて安すぎるよね!」「そうだ!そうだ!」と言わせるような迫力を感じます。

スポンサーズリンク

14:58 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ | 次のページ > >

プロフィール

なつお

Author:なつお
6年前に他社の車からホンダステップワゴンに乗り換え、今年(平成25年)からホンダのN-ONEに乗るユーザーです。自動車関連とIT企業に勤めていた今はブロガーの男。

楽天市場



最新記事

楽天市場



リンク

QRコード

QR