HondaのN-ONEを買いました日記

ホンダの軽自動車N-ONEユーザーとしての感想、便利/不便なところ、考えた事、気づき、ついでに調べたことなど綴った個人版N-ONEマニュアル

N-ONEが、雨水もれて、入院に

運転席周りについて ] 2017/04/01(土)

我が愛車ホンダN-ONEがカーペット下水溜症状のため一泊二日の入院にて修理手術を受けました。

その「カーペット下水溜」の症状を発見したキッカケは、フロアマットを掃除したとき。
運転席下のマットを外して取り出したら晴れの日なのにマットから水が滴っていて、
私はてっきりペットボトルのお茶を知らない間にこぼしたのかと思いました。

マットの下部分のフロアカーペットに濡れたところがあるので、雑巾で拭いたら水しぶきが飛ぶように思いのほかビチャビチャで、雑巾で水を吸い取っては絞り、吸い取っては絞りを10分ぐらい繰り返し、結局洗面器に半分以上の水を組み出しました。

水はやや茶色くて、ほんほ僅かにコケみたいなニオイがして、
これはきっと雨水だと直感しました。

ただ、どこから雨水が侵入したのかは見つからず、
試しにネットで「N-ONE 水漏れ」で検索し、はじめて室内換気用のエアーインテークダクト周辺から雨漏りがあった、という記事を発見し「コレだ!」と思いました。
その記事によると、雨はダッシュボード奥のエアーインテークダクトを車体に取り付けた部分のパッキンから進入し、助手席側フロアマットの下の樹脂製敷物の下側を流れ、運転席側に廻ってフロアマット下部分から泉のように湧き上がってくるようです。
↓↓↓
参考記事「インテークダクト交換作業(みんカラ)へのリンク

私の場合もホンダの販売店で「改良部品」に交換しました。

雨水が漏れた理由は、おそらくパッキンの経年劣化だと思われます。
かつて自動車部品関連会社で開発を行った経験から想像すると、パッキン材質が年月とともに硬化して変形し、十分に水を遮断できなくなったと思われます。
耐久には、時間とともに劣化する「経年劣化」と、使用により進行する「耐久劣化」があります。耐久劣化は耐久試験で評価することは比較的容易ですが、経年劣化は時間が経たねば劣化が分からないので、自動車の販売後に何年かを経て不具合として発見されるものが多くなります。今回もそのような事例だったのでしょうか。


スポンサーズリンク

スポンサーサイト
10:14 | トラックバック:0 | コメント:1 | 先頭 | TOP


自動車エアコンの制御について思うこと

運転席周りについて ] 2016/08/24(水)

特に軽自動車のエアコンは、部屋のエアコンのように「定温制御」しなくてもいいんじゃないでしょうか?

夏の車内は家の中と違って、直射日光の赤外線に晒されています。しかも炎天下やトンネルや日陰を走り、標高だってすぐに変わってしまうから、たとえ「20℃一定」にしても暑い感じや冷え過ぎの感じはいつもつきまとっているように思います。

だとしたら、定温制御するのはやめて「アクセルペダルを踏んだときはエアコンON、アクセルペダルを離したらOFF」の制御にしてもいいのではないか?
こう思った理由は・・・
夏の日の、N-ONE(ターボ無し)では、エアコン効かせた上り坂が、「すごく非力」だと感じるからです。これはN-ONEに限らずターボチャージャの無い軽自動車全般にそう言えるのだと思いますが、暑い夏の日にはエンジンぶん回さなきゃ逆を満足に走らない感じ。
まあ一応はそれでも坂は登るけど、途中で原付がノロノロ走っていたりすると、そいつを抜かすときにイライラを感じること感じること。。

だからこういうとき、アクセルペダルを踏んだとき、エアコンがOFFになっていてくれればイライラが減るってことです。

こんな場面ではときどき自分でエアコンのスイッチをOFFにすることがありますけど、N-ONEのエアコンスイッチは他のスイッチと並んで同じカタチの押しボタンだから咄嗟にどれを押せばいいのか分かり難い。これもイライラさせます。

もしこのようなエアコン制御のように、安全上も法規制上も関係ないようなところについては、ディーラーに制御変更を依頼したら、やってくれるサービスあったらいいのですがねぇ。そのために少しお金払ってもいいからさ!



スポンサーズリンク

10:58 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ | 次のページ > >

プロフィール

なつお

Author:なつお
6年前に他社の車からホンダステップワゴンに乗り換え、今年(平成25年)からホンダのN-ONEに乗るユーザーです。自動車関連とIT企業に勤めていた今はブロガーの男。

楽天市場



最新記事

楽天市場



リンク

QRコード

QR